不倫略奪愛を97%成功させる方法

f01

不倫に手を出すことは簡単ですが、その場の恋を味わっているだけでは単なる浮気相手で終わってしまいますね。

どんなに彼が「妻のことをもう愛していない」「今愛しているのは君だけだ」と言ったところで、不倫関係である以上2番目という事実は違いません。

 

クリスマスに大晦日、お正月にバレンタインデー、お盆に夏休みなどは彼は自分の家族と過ごし一方あなたは孤独に耐えるしかないのです。

 

でも、それはいったいいつまで続くのでしょうか?

 

自分のことを「日陰の女」として割り切れるのであればよいのですが、そんな人はなかなかいないでしょう。誰にも気兼ねすることなく彼に会い、堂々と手を繋いで歩きたいと思うのが普通です。

 

そこでここでは、不倫関係を終わらせて略奪愛を成功させる方法をお伝えします!

 

⇒[女性専用・悪用禁止]逆転恋愛成功プログラム~彼女持ち男性が“彼女ではなくあなた”を選んでくれる魔法のノウハウ~

 

⇒【無料:女性向け56ページ】1000人以上の体験談からわかった片思いを成就させる22の秘訣

 

外見のレベルを高める

略奪愛の成功のカギを握ると言っても過言ではない「外見」。

略奪の基本は彼の相手よりも魅力的な女性になることが絶対条件ですので、まずは視覚的に分かりやすい外見レベルを高めるべきです。

 

街を歩いていてもしかっこいい男性とすれ違えば目で追うでしょうし、あなたも好みの芸能人がいますよね。それと一緒で、彼により魅力的に映るように努力をしましょう。

健康的に体を引き締め、ほどよく流行を取り入れたファッションを取り入れ、いつ彼に触れられてもいいようにお肌はキッチリとケアをしましょう。

 

あなたが綺麗になればなるほど彼は「最近キレイになったな、何があったんだろう…」と心配になり関心がより高くなりますし、別の出会いに繋げることも出来てまさに一石二鳥ですね。

 

彼の欲求をみたしてあげる

不倫をする男性は、一般に仕事や家庭、嫁などに不満を持っている場合が多く、そのストレス発散法として不倫に走ることが多いです。

 

男性は社会的な面子をとても大事にしますので同僚に軽々しく愚痴や不満を言うこともしませんし、家庭では家族間の問題に悩んでいるので、心から落ち着ける場所というのはなかなか見つけられないものです。

そんなときに優しく微笑んでくれる理解者が近くにいることほど心強いものはないはずです。

 

彼の生活や会話から不満や欲求を探し出し、出来る限り満たせるように尽くしてみてください。

もしそれが難しいようであれば努力している姿勢だけでも見せ、彼を懸命に応援していることをアピールすると効果的です。

 

「俺でなければダメだ」と思わせる

不倫略奪のためにこれでもかというほど尽くしているのに、何年続けても離婚の気配を感じない。

それどころか「やはり一番大切なのは奥さん」なのは変わらない気がする。どのようにしたらいいんだろう…。

 

実は男というのは尽くされるよりも尽くすほうが好きであり、更に自分自身が尽くした分だけ相手に愛情を感じる傾向があるのです。

そのため専業主婦で気の弱い奥さんであったりすると、「こいつには俺しかいない」「俺が守らないと」というような気持ちが出てきてしまうのです。

 

男の性質的に主導権を握れる立ち居地が心地いいのもありますし、あまりにしっかりしすぎている(尽くしてくれる)相手だと「俺がいなくても大丈夫だろう」と感じてしまいます。

尽くしすぎず甘えすぎず本音を言い過ぎず、「いい女」だけど「俺が守ってあげないと」と感じさせられたらしめたものです。

 

周囲に不倫を匂わせないようにする

大好きな彼と、秘密の恋。

できることなら世界中の人に関係を言いふらしたと思う人も少なくないはず。それか出来ないのであれば、せめてお揃いのものを持ったりしたいもの。

 

でもいくら彼のことが好きで略奪愛をしたいと思っていたとしても、自分から不倫を匂わす言動をしてはいけません。

 

ほとんどの男性は仕事を第一と考えていますので、もしも不倫をしていることがバレてしまったときに社会的地位が終わることをわかっています。

なので現在の立場を揺るがすような女性はたちまち警戒され、略奪どころか別れ話になってしまいます。

 

不倫略奪愛を成功させたいのであれば、女性側から絶対にバレないように行動をしたり、あえて秘密を守ることで大きな信頼を勝ち取ることができるのですよね。

 

⇒[女性専用・悪用禁止]逆転恋愛成功プログラム~彼女持ち男性が“彼女ではなくあなた”を選んでくれる魔法のノウハウ~

 

⇒【無料:女性向け56ページ】1000人以上の体験談からわかった片思いを成就させる22の秘訣

コメントは受け付けていません。